Monthly Archives: 10月 2013

本来の意味を考えてから言葉を探しましょう。

本来の意味を考えてから言葉を探しましょう。

たとえば、

「豊富な国と貧困な国では、国民の満足度が大きく異なる」

という文章があるとします。豊富とは沢山という意味ですから何が沢山かが分からないので意味が伝わりにくいですね。

これをたとえば「外貨が豊富な国」等具体的に何が豊富かを示す必要があります。

ですので、たとえばこの場合ですと

「豊かな国と貧しい国では・・・。」と帰ることによってシンプルでわかりやすい文章となりますね。

また、極めるという言葉ですが極めるという言葉は「極限まで」という意味を持ちます。ですので

「夏休みの間にダイビングを極めたい」という文章の場合、とても夏休みの短期間でダイビングを極限まで習得することはよほどの才能が無い限り不可能ですから、

「夏休みの間にダイビングを深く学びたい」という文章に変更すると良いでしょう

また、「使う」という言葉ですがこれには「費やす、消費する」という意味があります。

コンクリートの防水はconconを使用した」でなく

「コンクリートの防水はconconを使使った」の方が自然な文章になるのでは無いでしょうか。