Monthly Archives: 4月 2011

前と後ろの文をうまく噛みあわせる

前と後ろの文をうまく噛みあわせる

文の前の方と後が咬み合わないことのないようにするのが、うまい文章の書き方となります。

文章の間を抜かして、前と後ろだけを読んでみて「何がどうなったのか」がわかる文章を作ります。

例えば、「校長先生の言い分は生徒が勝手にやったことと言って責任逃れをして、教師を守ろうとした。」
というよりも
「校長先生は、生徒が勝手にやったと責任逃れをして、教師を守ろうとした」
の方が直接的に分かりやすいですね。

校長先生は責任逃れを使用とした、教師を守ろうとしたのです。
言い分が責任逃れをしたり、教師を守ろうとしたわけではありません。

ガス機器の販売、ガス工事、水回りのリフォーム