Category Archives: 文章の基本

「する」?「させる」?と「する」?「なる」?について

「する」?「させる」?と「する」?「なる」?について

「両立するつもりです。」と「両立させるつもりです。」はにた言葉ですが、「する」というのは同士ですが「させる」というのは他動詞になります。他動詞は目的がある同士のこと。

それでは「する」と「させる」の使い分けを考えていきましょう。

服装と髪型は一致する ・・・ 服装と髪型を一致させる。
おしゃれさが向上する ・・・ おしゃれさを向上させる。
仕事と趣味が両立する ・・・ 仕事と趣味を両立させる。

つまり「が」の後に「する」が来る場合は「を」の後には「させる」が来ます。

 

同じく「する」と「なる」もややこしいですね。

たとえば

おしゃれは自分が豊かになるものなので、恵比寿の美容室に行きたい。
というのはを改善して
おちゃれは自分を豊かにするものなので、恵比寿の美容室に行きたい。
とするほうが正しいと思います。

つまり「が」の後に「なる」が来る場合は「を」の後には「する」がきます。

よく似た単語を間違って使わないように

よく似た単語を間違って使わないように

日本語には意味がよく似てる言葉が沢山あります。

沢山ありますと言いましたが、これも「いっぱいあります」でもいいし、「多くあります」でも良いですよね。

意味的に通じれば良いのですが、意味が似てるからと言って間違って使ってしまうと、読み手が混乱します。

たとえば

大阪の足場レンタル屋さんは京都の足場レンタル屋に比べて大きく変化する」
というと?となりますが
大阪の足場レンタル屋さんは京都の足場レンタル屋に比べて大きく異なる」

であれば「なるほど」と意味が通じます。

その他、「営業時間を縮小する」と「営業時間を短縮する」を比べると時間は短縮のほうがしっくりしますね。

ほか「重要」と「必要」は似てますが「重要不可欠」とはいいませんよね「必要不可欠」ですね。

このように日本語には意味がよく似てる言葉が多く存在しますが、単語を選ぶときは意味の通るわかりやすい単語を選ぶようにしましょう。

文章は本来の意味を考えて言葉を考えましょう

文章は本来の意味を考えて言葉を考えましょう

日本語は万能な言葉が多く曖昧な言葉も数多く存在します。

しかし、同じような意味合いの言葉でも本来の意味を考えると適切な言葉が浮かび文章も読みやすくなります。

たとえば
「豊富な国と貧困な国では世界的な立場が違う」

という文章を見てもイマイチパットしませんよね。豊富というのは沢山あると言う意味です。たとえば「資源が豊富」というような使い方がわかりやすいです。そこで豊富な国となると沢山ある国?みたいな感じで一瞬考えなければいけません。

と言うことはこの場合は
「豊かな国と貧しい国では世界的な立場が違う」

と言うような書き方をするとすっと入ってくると思います。

いろいろな言い方はできますが、伝えたいことや本来の意味を考えて文章を書くようにしましょう。

言葉は日ごろ使い慣れてるニュアンスが大切です。

言葉は日ごろ使い慣れてるニュアンスが大切です。

長い間の試行錯誤の中で定着した表現は、みなさんが慣れ親しんでいるので意思疎通が行いやすいです。
一般的にしっくりとくる表現が多く語呂もいいですね。

それとは逆に普通はそんな風に言わないという表現方法だと、読む人も疲れてきます。なんとなくの文脈は読み取れてもどこかに違和感が残るといった現象がおきますね。

だから私は言葉は「習慣」だと考えます。

たとえば「私たちができることは山積みあります」というとします。
なんとなくは意味わかりますが、山積みという言葉自体は「問題山積」というようなときに使う。
すなわちネガティブな使い方をする場合が多いです。そういった使い方が習慣になっています。

そのほかに、「埋もれてる宝を取り合った」というとします。
取り合うでもいいと思いますが、一般的に「奪い合う」のほうが使い慣れてると思います。
「埋もれている宝を奪い合った」
このほうがしっくりきます。

そろそろ東大阪で遺品整理屋に声をかけよう
というのも
そろそろ東大阪で遺品整理してくれるところを探そう

このように言葉は意味は間違っていなくても、日ごろ使ってる使い方というのを意識するようにしましょう。

本来の意味を考えてから言葉を探しましょう。

本来の意味を考えてから言葉を探しましょう。

たとえば、

「豊富な国と貧困な国では、国民の満足度が大きく異なる」

という文章があるとします。豊富とは沢山という意味ですから何が沢山かが分からないので意味が伝わりにくいですね。

これをたとえば「外貨が豊富な国」等具体的に何が豊富かを示す必要があります。

ですので、たとえばこの場合ですと

「豊かな国と貧しい国では・・・。」と帰ることによってシンプルでわかりやすい文章となりますね。

また、極めるという言葉ですが極めるという言葉は「極限まで」という意味を持ちます。ですので

「夏休みの間にダイビングを極めたい」という文章の場合、とても夏休みの短期間でダイビングを極限まで習得することはよほどの才能が無い限り不可能ですから、

「夏休みの間にダイビングを深く学びたい」という文章に変更すると良いでしょう

また、「使う」という言葉ですがこれには「費やす、消費する」という意味があります。

コンクリートの防水はconconを使用した」でなく

「コンクリートの防水はconconを使使った」の方が自然な文章になるのでは無いでしょうか。

読んでいる人をあまり待たせないように

読んでいる人をあまり待たせないように

例えば、

あなたは、○○が○○で○○だからうんぬんかんぬんうんぬんかんぬんとであって喜んだ。

という文章の場合、あなたは、から喜んだまでの間が長いために、「あなた」がどうなったかが聞き手は、とても待ちます。

そして待っている間に、読むのがしんどくなることもあります。

だから出来るだけ聞き手を待たすことなくする配慮が必要です。
例えば

○○が○○で○○だからうんぬんかんぬんうんぬんかんぬんとであってあなたは、とても喜んだ。

と刷る方がすっきりしませんか?

フェノール樹脂の製造加工 

「に」と「には」は使い分ける

「に」と「には」は使い分ける

に、と、には、をあまり気にせず使ってる人が多いと思います。

例えば

私は将来、大学教授になりたいという夢がある。

という文章は下記のように改善可能です。

私には将来、大学教授になりたいという夢がある。

とすると、正しい日本語になります。

また

私は将来、大学教授になりたいという夢を持っている。

としてもいいでしょう。

大阪で花輪を販売するサイト 

文章は出来るだけシンプルに

文章は出来るだけシンプルに

文章はついついだらだらと書いてしまいがちです。

ブログなんてしてると特にそうですよね。

さらにネタがないときはひどいと思います。

けど、読むが分からしてみればだらだらした文章ほど読む気が失せるのはありません。

例えば、
みんなで協力することが大切だと思ったのは部活の経験から感じるようになった。

部活の経験から、みんなで協力することは大切だと感じるようになった。

とすればすっきりシンプルになります。

はじめの文は「思う」と「感じる」と同じ内容が2回出てきてるのに対して次の文は「感じる」が1回出てるのみです。

文章は複雑にするといいことはありません。
せいぜい宿題で原稿用紙を埋めるくらいでしょう。

常にシンプルな文章を心がけましょう
ロストワックス(精密鋳造)の日東工業株式会社

どこにもつながらない言葉は書かないように気をつけましょう。

どこにもつながらない言葉は書かないように気をつけましょう。

宙に浮いた言葉を書くことによって必要な述語が脱落してる文章、適切な述語で受けていない文章になってしまうので気をつけましょう。

具体的には「Aさんの 意見はもちろん、みんなと話し合って、何度も内容を考え直しました」という言葉はAさんの意見はもちろんではなく
「Aさんの意見を求めたのはもちろん、みんなと話し合って、何度も内容を 考え直しました」という文章にすることによって意見をどうしたのかがはっきりして後につながる文章になります。

和泉市のハウスメーカー アイフルホーム和泉店

どこかにつながる言葉を書く

どこかにつながる言葉を書く

宙に浮いた言葉は書いた文面が後の文につながることがないので歯切れが悪いです。

たとえば「母親に連れて行ってもらった山には登山者たちと木や川など、自然を感じることが出来、リラックス出来た。」を

「母親に連れて行ってもらった山には、木々が生い茂っていて川には冷たい水が流れ、それを見に多くの登山者がいて自然を感じることが出来、リラックス出来た。」とすれば前者の登山者、木、川のどれもの後ろがつながっていませんでしたが、それを「生い茂ってや冷たい水という言葉で受けました。

このようにどこにもつながらない言葉は出来るだけ使わずに受けとる言葉を後や前につけます。

金の買い取り専門店